ママは小児科医
小学生の2人の男の子のママをしながら、働く小児科医です。 育児のこと仕事のことなどお話していけたらいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むすこの迷子
 自閉症圏のお子様をお持ちの方はもちろん一般の方でも経験された方はいらっしゃるかと思いますが、子どもが迷子になると、親は本当に気が気ではなく...残念ながらうちの長男(PDD 10歳)の迷子歴は数知れません。

 今年10歳になりましたが、時々迷子になります。親の不徳のいたすところですが。それでも以前に比べると、気をつけているというのが目で見てわかりますし、万が一迷子になっても、迷子になったという自覚が自分にもあります。
boy1_3_s.gif

 小さい頃は、手をつなぐと嫌がるし、周りはもちろん目に入っていませんので、自分で好きなところに行ってしまうし。幸い、それぞれ出かけた場所での彼の好きなところを知っているので、そこで見つけるということがほとんどで大事には至っていませんが。とにかく、方向感覚だけは確かなようで、迷子といっても、行きたい場所へたどり着けずにどこかへ行ってしまう迷子とは違い、彼の迷子はある意味意図的、でも、やはり意識をしてではない迷子なのです。ショッピングセンターの端から端のほうのお店にいたということもしばしば。そのたびに、一人でこんなところまで行けるようになったなんて、と感嘆したものでした。


 彼が迷子というものを意識したのは4歳くらいのとき。彼には2歳年下の弟君がいるのですが、弟君は一人で歩けるようになった頃から、本当に彼には申し訳ないなぁと思うのですが、たいてい弟が歩いてくれ、長男が抱っこされて、ということが多かったのです。というのも、長男は手をつないでくれませんし、目を少しでも離すとどこかに行ってしまうからです。注意をしていても、いなくなることはしばしばで、そんな時誰か一緒に出かけていればいいのですが、誰もいなかったり、その辺を探していなくなれば、弟君を抱っこしながらでは、なかなか動作も遅くなるので、弟君は小さい頃から一人で(といっても、どなたか店員さんの近くでですが)待っていてくれたのでした。彼も小さかったので、不安だったと思うのです。そんな感じで、弟君は小さいながらに迷子になると大変ということを身にしみてわかっていたと思うので、彼は本当に迷子になることはありませんでした。手をつないであげられなくても、きちんとついてきてくれていたのです。

 長男が4歳、次男が2歳の時、海外旅行でマレーシアに行きました。そのショッピングセンターでの出来事ですが、なんと、次男君がいなくなってしまいました。1回の入り口から階段を通って2階に入ったのですが、2階に着いたところで弟君がいないことに気づきました。私はというと、長男がどこかに行ってしまわないかと、走り出した長男を追いかけて、先に階段を上がってしまっていたのです。なにしろ、迷子になったことのない弟君でしかも、海外。私は弟君が誘拐されてしまったのでは、と本当に一瞬気が狂いそうになりました。そのあたりを探し始めたところ、階段のあたりで、ざわざわと人の集まりがありました。そこに行ってみると、なんと弟君が泣いていました。どうやら1階から2階の途中に女子トイレがあったのですが、彼は私だと思って、前の女性の方についてトイレに行ってしまったようなのです。時間としては、本当に少しの時間でしたが、肝を冷やしました。
 そして、この迷子事件のおかげで、長男は迷子になるということの大変さを少し理解したようで、迷子になる回数はだいぶ減りましたし、彼の中でも、自分でいなくなってしまったときに迷子という言葉を意識できるようになったように思います。

kodomo2_sgif.gif

 昔は、迷子になった彼を見つけても、ニコニコで、「あ、ママそこにいたの」ぐらいな感じでしたが、その後は、迷子の時間が長くなってから、やっと見つけると、泣き顔で、不安そうな顔でいるのです。さらに、最近は、ショッピングセンターなどへ行って、少し先を歩いていっても、少し先へ行くと、振り返って私たちが来ているかを確認するようになりました。また、以前はお店の中に入るときには、こちらから声をかけ、一緒に中に入るか、通路のいすに座って待つかを確認したものでしたが、今は、お店の店先を少し見始めると、彼が私の視線をつかまえて、通路のいすの方を見て、無言で「ここにいるよ」と合図を送ってくれるようになったのです。Eye contactが使えるようになったのはすごいなぁと感じます。
 

 長男にとっても、弟という存在はとても大きく、弟が成長し、できるようになったことを客観的に見れることで、彼自身ができるようになったことというのがとても多かったように思います。何よりも、長男にとって、弟が興味深い存在だったから、よく観察をしていたのだと思いますし、兄弟というのは、本当にすばらしいなぁと彼らを見ているといつも思うのです。
スポンサーサイト
最近の息子たち
夏休みが始まってすぐ、病棟が大荒れとなってしまい、仕事と生活とどちらもままならないまま時を過ごしてしまいました。
 今日は最近の息子たちの様子について、少し書いてみたいと思います。

 二学期が始まってすぐに、子どもたちのリズムが作れないまま、私が忙しくなってしまいどうなる事かと。そんな心配をよそに、長男は、自分で眠る時間、起きる時間を元に戻すべく、時計を見て自分で動くようになりました。(親に頼っていては、自分の過ごしやすい生活に戻れないと危機感があったのかも)
今では、18時夕食、19時宿題、19時半お風呂、時間があまれば少しゲーム、20時~20時半の間に就寝という生活スタイルを身につけました。以前はスケジュールを決めるとその通りにならないと気がすまないため、必ず18時にご飯でなければいけなかったのが、その時の家の用事などで多少前後してもかんしゃくを起こすことがなくなり、自分なりにスケジュールを修正したり、楽しいことがある時には少し眠る時間を遅くするなど自分なりに工夫する様子が見られるようになりました。
13-05.png

朝は5時45分に起きると言うのが習慣づき、自分で起きたいというので、私の携帯電話のアラームを設定して起こしてあげていたのですが、今では、自分で目覚ましをセットし、時々私の分までアラーム設定してくれています。朝は自分で起きてきて、新聞を持ってきてくれ(彼の仕事)、その日によって、本を読んだり、ゲームをしたり、テレビを見たり、自分なりの自由時間として満喫している様子です。

 定型発達であるはずの次男のほうが、なかなか二学期のペースをつかめなかったようで、少しぐずぐずする日が続きましたが、今ではお兄ちゃんに刺激をされたのか、朝6時に起きるようになり、(彼はまだ目覚ましで起きられず、私に起こされていますが)それでも以前は起こしてもなかなか起きなかったのが、最近は6時だよというと、飛び起きてくれるようになり、成長にびっくりしています。
13-04.png


 うちは二人とも学区外通学なので、車で送っているのですが、以前はこちらがせかして家から出していたのが、最近は私のほうがせかされて、外で待たれている状態。家族で落ち着いた生活ができるとここまで落ち着くのか、と正直びっくりしています。

 小学校では、朝マラソンがあって、児童たちがみんなで校庭を走っています。長男は特別支援学級へ通学しているのですが、特別支援の子たちは、先生方が朝は外で見守ることができないという理由でこれまでマラソンには参加させないという方針だったようです。長男も以前は朝マラソンをしていなかったのですが、次男が小学校入学し、朝マラソンを始めると、自分も朝マラソンをしたいと言い始め、学校の先生と相談し、私が朝に付き添うということで、朝マラソンの許可をいただきました。

 今週のある朝、朝マラソンの途中で、長男が校庭の途中に落ちている枝が気になり、校庭にしゃがみ込んで、その枝とその近くにあった穴を興味深げに見ているところに次男が通りかかりました。なにやら声をかけ、二人で追いかけっこを始めました。そこに次男のお友達も参加し、追ったり追われたり楽しそうです。次男のほうが足が速いので置いていかれるのですが、次男が立ち止まって友達とお話をしているところに、長男が追いついて、後ろから抱きついてみたり、とても楽しそうな様子でした。普段は、次男は同じクラスのお友達たちと話たり、遊びながらマラソンをしていて、長男はもくもくとマイペースで走っているのです。

 私は、校庭の横で長男のランドセルを持って、様子を見ているので先生方が会うと挨拶をしてくれるのですが、その朝は、その楽しそうな様子を、特別支援学級の主任先生が目にとめられて、私に話かけてくださいました。

 クロスカントリー大会と言う長距離走の大会が9月末に予定されていて、その練習をしていた時のお話をしてくださいました。毎日走っている長男ですので、速いのかと言うと決してそうではなく、むしろ周りの勢いにびっくりしてしまい、大会はいつものペースよりさらに遅いゆっくりペースで走ってしまうのです。で、自分のペースではしるので、当然ビリなのですが、そうすると悔しがるのだそうです。
勝ち負けのこだわりがあり、以前は負けるとかんしゃくを起こし、しばらく続いていました。先日も終わった後、負けたことについて、以前ほどではないけれど、ぷりぷりと怒っていたそうです。それを見て、主任先生が、「でも毎朝頑張ってたくさん走っているよね」とお話かけをしてくださったそうです。すると、長男は、ぷりぷり怒っていたのもすぐにおさまって次の活動に参加できたとのことでした。去年からの成長ぶりに大変びっくりされたとお話してくださいました。(先生は去年の担任の先生でした)。

 たしかに自宅でも、かんしゃくやパニックは全く起こすことがなく、自分の中でのルールは持ちながらも、わりと臨機応変になってきたなぁと感じることはありましたが、学校でもそのように過ごしてくれているというのは、とてもうれしいことだなぁと思いました。

 担任でなくても、その様子をたまたま会ったときにお伺いできるというのは、とてもありがたいなぁ。学校全体で、生徒を見るという体制ができているのだろうなぁ、と思ったのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。