ママは小児科医
小学生の2人の男の子のママをしながら、働く小児科医です。 育児のこと仕事のことなどお話していけたらいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子の不登校未遂!?

今日はちょっと、息子ネタを。エピソードが長いので流し見ていただければ、幸いです。

今日の朝、久しぶりに息子(長男:PDD)が登校を渋りました。
現在小学校4年生で、情緒の特別支援学級に通っています。
3年生あたりから、毎日スムーズに登校していて、
それどころが学校生活が楽しくて、学校に行くのが楽しみ♪
という感じだったので、ちょっと戸惑いました。


実は、昨日の夜から、
「学校に行きたくないなぁ、学校辞めて、保育園に行ける?」というような話をしばしば。
19-10.png

「学校に行きたくないんだねぇ、学校に行きたくないなぁって思うような大変なことがあったのかなぁ。
大変なときって、学校に行きたくなくなることがあるよねぇ」とお話しながら、
原因を探ろうとしてみましたが、「先生に怒られたんだ」としか教えてくれず、何が起こったのかがわからない。

これでは、彼が悪かったのか、何が起こったのかわからないので、
慰めることもしかることもアドバイスすることもできない(;・∀・)


う~~ん。


とりあえず、彼の中の気持ちだけを受け止めてあげながら、
「明日先生に『学校に行きたくない気持ちなんだ』って、ママと一緒にお話をしてみようね」
と言ってあげたら、いつもよりちょっと時間はかかったけれど、宿題もやって、道具調べをして、
いつもどおりの時間に寝てくれたのです。


13-05.png

朝相変わらずの早起きで5時半に起きてきて、様子はいつもどおり。
おや、昨日のぐずぐずは解消されたかな、と思ったのですが、
ご飯を食べる頃からちょっと動作がゆっくりになって、
やっぱり学校へ行きたくないって言うのかなぁという雰囲気だったので、

「ちょっと学校に行きたくない気持ちで、元気がないんだねぇ、
いつもより少しゆっくり行こうね」と声をかけ、
弟君にも、今日は朝マラソン(学校で始業前に校庭をみんな走っているのです)が
できないかもしれないんだけど...と伝え、
弟君は了解(いつもありがとう、弟君♥)
自分から着替えをする気持ちになるまでちょっと待ってあげたら、
着替えをしてくれて、出発できました。


学校に着いたら、いつもどおり、私にランドセルを預けて校庭を走り出したので、ほっとしたのですが、
みんなが学校内に入り始めた頃から、ちょっと玄関に入るのを渋り始めて...

「一緒に教室まで行こう、先生とお話をしてみようね」と
学校に入ったところで、ちょうど担任の先生にお会いして、
先生とお話をしていたら、長男は一人で階段を上って教室へ向かっていきました。


昨日先生に怒られたようなのですが、と聞いてみると、
廊下を歩くときに顔を横向きにして歩くのが彼の中で急にはやりだして、
廊下で別の学年の子と2回ほどぶつかったのだそう。
双方に怪我はなかったようなのですが、続くようであれば、危ないので、怒ったとのこと。
でも、そんなに厳しくとか体罰とかではなかったのだけれど、
ちょうど息子の怒りのスイッチを押してしまったみたいです。

ふだんほとんどかんしゃくを起こすことはなくなって、
今回もかんしゃくというより、一人でだんまりしてしまったのだそうなのですが。
先生もちょっと戸惑っていました。


横向いて歩くのは、3年くらい前に彼の中ではやったことがありました。


スキャリーおじさんの絵本に「にたものおやこ」というお話があって、

船にのっているぶた親子が、なぜか横を向いて運転するので、いつも他の船にぶつかっていて、
それを水上警察に捕まって、お父さんは船を運転できなくなって、
これで、もう事故は起こらないね、と思っていたら、また事故…。
こぶたが運転する小さいボートがやっぱり横を見て運転して事故を起こした。
やっぱり親子だねぇという話。



小さい頃から大好きで、小さい頃は「見て、似たもの親子だよ」といいながら、
横向きでうちを歩くことがありました。

先生に、そのお話のことを伝えて、また横を向いて歩いたときに
「にたものおやこだね、ぶつかったら、危ないよ!」と言ってみてくださいとお願い。

今日は帰宅後は、何事もなかったように、「学校楽しかった」と。
先生からは、やっぱり横を見て歩くけれど、長い目で見てみますと言って下さり、
ちょっとほっとしたのです。

帰宅して、「横向いて歩いたら、にたものおやこみたいにぶつかって危ないね」と話すと、
にやっと笑って、「うん」と。

普段は適応しているようにみえて、やはり言葉で自分で説明しきれない気持ちがあるんだなぁと。
今回はたまたま理解してあげられたけれど、これから先、いろいろなことがあったときに、
彼の気持ちに気づいてあげることができるかなぁと、
久しぶりに彼の内面に向き合う機会となりました。


32-01.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。