ママは小児科医
小学生の2人の男の子のママをしながら、働く小児科医です。 育児のこと仕事のことなどお話していけたらいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サーバリックス
こんにちは。
またまた、久しぶりのブログ更新となってしまいました。
書きたいお話はたくさんあるのですが、twitterで短文を書くのに慣れてしまったら、
なかなか長文を書こうとしなくなっている自分がいて、反省です。

さて、今日は、サーバリックスについて、少しお話できたらと思います。
サーバリックスとは、子宮頸癌ワクチンのことです。
29-06.png


最近、よく話題になっていますので、お聞きになられたこともあるかと思います。
また、販売元のグラクソさんがいろいろな所に広告をお出しになられているので、ご覧になったこともあるかもしれません。

子宮頚がん総合サイト


子宮頚癌は最近、20~30代の若い女性に急増している癌です。

子宮

私の知り合いの方でも、20代で罹患した方がいます。
その方は妊娠を機に癌が発見されましたが、既に進行がんで、赤ちゃんを助けることは難しく、
悩まれましたが、赤ちゃんを諦めて、治療をお受けになりました。
こんなふうに、命はもちろんのこと、妊娠や出産の可能性まで奪ってしまうことのある病気です。

子宮頚がんの罹患率と死亡率


子宮頚癌の原因は、ほとんどが発癌性ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染です。
HPVは特別な人に感染するわけではなく、多くの女性が一生のうちに一度は、もしくは数回感染する、ありふれたウイルスなのです。
HPVに感染しても、多くの場合は、自分の免疫でウイルスをやっつけて体外に排除します。
しかし、免疫状態やウイルスの状態によっては、感染が持続して、細胞を癌化させていきます。
HPVは男性にも感染しますが、男性ではHPVが前立腺に隠れてしまい、ほとんどが持続感染となります。
しかし、女性のように癌化するなどの悪さをすることはありません。
極端に言うと、成人男性の多くは、HPVを持っていると考えられるのです。
そして、女性は、男性と性的関係をもつことで、HPV感染を起こします。
HPVに感染して自然淘汰されればよいのですが、いつ持続感染になるかは誰にもわかりません。

そのため、性行為を経験する前にワクチンをすることが非常に大切なのです。
HPVに対しての自然免疫は期待できませんが、ワクチンの効果は非常に高いという報告があります。
サーバリックスはHPV16、18型に対するワクチンで、この二つの方で発癌性HPVの60%を占めると言われます。
残りのHPVについても交差反応が期待されるため、ある程度の効果が期待できるという報告もあります。
ワクチンの有効性は非常に高いのですが、予防効果が100%ではないために、
子宮癌検診を一緒に行っていくことが、子宮頚がん予防には大切です。
公費助成のある子宮癌検診はたいていは30歳からですが、最近は20代の子宮頚癌も増えていますので、
性的活動がある人であれば、20代からでもぜひ癌検診を受けてほしいと思います。

09-04.png


また、実際に性交渉を済ませてしまった人には、ワクチンの効果がないかという問題ですが、
これは、実際にはわかりません。
HPVが持続感染を起こしているかどうかは、わからないためです。
性交渉後の方でも、ワクチンを受けることはできます。
ただし、上述のような理由から性交渉前の方ほど、はっきりとした有効性はお示しできません。
万が一、持続感染していなければ、効果が期待されますし、
持続感染していたとしても、ウイルスを排除する効果こそはありませんが、接種をしたことで不都合になることはありません。
最近は、性の早熟化とも言われています。
親に性行動について、逐一報告をしてくれる思春期のお子様は少ないと思います。
このワクチンは10歳から接種できますので、ぜひ、早めに受けさせてあげてほしいなぁと思います。

次回は、ワクチン接種の実際についてお話したいと思います。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。