ママは小児科医
小学生の2人の男の子のママをしながら、働く小児科医です。 育児のこと仕事のことなどお話していけたらいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学生のいじめ
こんにちは。

愛子様が、乱暴をさせて、不登校になられたとの報道を拝見しました。
学習院で、皇室の子女を預かる学校までも、この状況に、と愕然とします。

さまざまなネット上の書込では、宮内庁が過保護だとか、特別扱いというのがみられます。
真相が、はっきりわかりませんので、その点については、なんともいえませんが、
私が、今思うのは、現在の小学校でのいじめは、大人が思っている以上にひどいということです。

外来には、心身症のお子様が少なからず、受診されますが、その中に結構な割合で、
いじめによって、心に傷を負った子がいます。
そのほとんどは、本人の責任ではなく、相手方のストレスによるのであろうと思わざるを得ないケースばかりです。

外国では、いじめの対策は、かなりすすんでいると聞きます。
例えば、いじめは大人の目がないところで起こるというのは明らかなため、
休み時間には、専門のパートの人を雇い、廊下や体育館、校庭などに配置するといいます。
それだけで、いじめは極端に減るそうです。
年長者では、ネットなどのいじめも出てくるため、これだけの対応では足りないかもしれませんが、
善悪のはっきりわからない、低学年時期のいじめやそれに伴う心の傷を防ぐというためには、有用ではないかと思いますし、
現在、不況で失業者問題があり、雇用対策という面でも、有効では、と期待しますが。
学校の先生は、授業に専念してもらい、各学校に、生徒のメンタル面をフォローできる人を置くということも大切ではないでしょうか。

愛子様のいじめ問題で、国がこれを氷山の一角と捕らえ、政策をとってくれることを期待したいと思います。

それでは、また。


1日1クリックお願いします
   ↓
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/06(土) 22:27:52 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cocoakids.blog41.fc2.com/tb.php/15-bf850a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。