ママは小児科医
小学生の2人の男の子のママをしながら、働く小児科医です。 育児のこと仕事のことなどお話していけたらいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人格的上流層の減少!?
19日の朝日新聞の経済気象台のコーナーの記事を読んで、すご~く共感できたので、ご紹介したいです。
http://www.asahi.com/business/topics/column/TKY201003180519.html

日本には、わりと最近まで「人格的上流層」が存在していたけれど、現在は減少してきている。
「人格的上流層」というのは、知的で誠実、厳格で親切な人。社会の安定を作り出していたということです。

アメリカでも同様に「人格的上流層」が減少していて、その理由として
①かつて、女性の仕事は学校の先生くらいであったため、優秀な女性が教師になったが、選択枝が広がり、子どもの人格を育む能力の高い、優れた女性が先生にならなくなった。
②夕食のテーブルで、家族が今日の出来事を話し合い、子どもたちが健全な常識を学んでいたが、大人も子どもも忙しくなって、家族がテーブルに集まれなくなった。

筆者は、②はともかく、①については、先生の給料を上げて、優秀な人材を集めることで可能。税金をもっと教育に使う。
子ども手当のようなバラマキのあとには、向上心や公徳心が乏しく、コソコソして寂しい日本人しか残らない。
と述べています。

学校の先生は、教育だけでなく、生徒の生活、心のケア、果てには親のケアまでされていて、本当に大変だろうと思います。
外来にいらっしゃる患者さんに一緒についてきてくれたり、長いお手紙をつけてくださる先生もいらっしゃいます。

学校の先生の数を増やしたり、補助員をつけたりと、優遇してあげられることはあるのではないかなと思います。

小児科医として、子どもにできることは、外来に来てお話をする間や、親御さんに自己肯定感を上げる声がけなどをアドバイスをすることぐらいです。
それに比べて、学校の先生や幼稚園保育園の先生は、子どもの人格形成に多大な影響を与えるとても大切な仕事です。
そのことを社会で、もっと認識し、教育者の社会的地位を上げることが大切ではないかと思います。

少子化に加えて、人格の未熟な子どもたちが増加するのでは、日本の社会の先行きは暗いのではないかなと思ってしまうのです。

まずは、私自身も、「人格的上流層」と言われるように努力をしていきたいなあと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cocoakids.blog41.fc2.com/tb.php/20-c3db6dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。