ママは小児科医
小学生の2人の男の子のママをしながら、働く小児科医です。 育児のこと仕事のことなどお話していけたらいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予防接種の効果と副反応について
こんにちは。

春になり、保育園への新入園児の感冒症状、入院が増えています。
そこで、感染予防の効果が一番高いとされるワクチンについて、お話していきたいと思います。

日本人は、人からうつされた病気に対しては、寛大ですが、予防接種を打って熱が出るなどの副反応が起こると、それに対しては、非常に敏感に反応する民族です。
例えば、予防接種をした次に日に熱が出て、外来にいらっしゃってくださった時に、
病院に来た時に風邪をもらっちゃったのかもしれないね、言うと、しょうがないなぁ、と思ってくださいますが、
予防接種の副反応ですね、と言うと、「え! それは、大丈夫ですか」といった具合です。

ワクチンをうって、きちんとした免疫が成立するためには、プロセスとしてどうしても避けられない免疫反応があります。
そのため、ワクチン接種後、微熱や腫れや痛みが出るということがあります。
この反応は、免疫反応を理解していれば、当然のこと、必要なことと思えます。

ワクチンは、必要だから、有効であるからおこなうわけで、
副反応が怖いからやりたくない、というのは、ナンセンスだと思うのです。
例えば、外来でも、肺炎球菌やインフルエンザ桿菌がどういう病気を起こすのかという、肝心なことを知らないお母さんは意外と多いです。(徐々にブログでお話していけたらと思いますが)

ワクチンの中には、微熱、腫れるというのを超えるような大きな健康被害を与える副反応が起こるものも確かにあります。
ただし、その大きな副反応が起こることと、例えば髄膜炎を起こす可能性がどちらが高いかということを考えて欲しいのです。

それには、メディアの問題もあると思います。
例えば、ワクチンで大きな問題が一人に見られた場合、その一人についてのみ取り上げられます。
もちろん、重症な副反応は1件でも起こらないことが望ましいです。
しかし、その一人のほか、残りの人たちは、髄膜炎などの大きな病気にかからずにすんで助かっているのです。

これを読んでくださったお母さんたちは、ぜひお子様のためにワクチンを前向きに打ってもらえるようになってほしいなぁと願っています。

次回は、今年から接種可能となった肺炎球菌ワクチン、Hibワクチンなどについて、お話できたらと思います。

それでは、また。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cocoakids.blog41.fc2.com/tb.php/26-bb529e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。