ママは小児科医
小学生の2人の男の子のママをしながら、働く小児科医です。 育児のこと仕事のことなどお話していけたらいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hib(ヒブ)ワクチン
こんにちは。
今日は、ヒブワクチンについてのお話をしたいと思います。

ヒブワクチンはインフルエンザ桿菌タイプb(Hib)に対するワクチンです。
インフルエンザ(ウイルス)ワクチンと区別をするためにHib(ヒブ)ワクチンと呼ばれます。
Hibは細菌性髄膜炎の原因菌の第一位です。
髄膜炎の他にも肺炎、敗血症、化膿性関節炎、急性喉頭蓋炎などの病気を起こします。

Hib髄膜炎は年間1700人程度罹患します。
非常に進行が早く、抗生剤を使っても間に合わずに2-5%程度の人が亡くなります。
また、一命を取り留めたときに20-30%の後遺症を残すことがあります。

5歳未満の子、とくに2歳未満での発症が多く見られます。乳児での発症もみられます。
髄膜炎は誰がかかるかはわかりません。また、はじめの症状も普通の風邪と変わらないため、小児科医の診察を受けても気づかれない場合も多いです。

うちの子は、現在ふたりとも小学生のため、このワクチンが発売になるころには、接種年齢を超えてしまいましたが、
うちの子供たちがHib髄膜炎に罹患しなかったのは、あくまでもラッキーだったからで、もしかしたら、罹っていたかもしれないのです。

病気は突然起こります。痙攣や、意識障害などで運ばれてきて、
髄腋検査(背中から針を刺す検査)をすると、
通常であれば、透明な液体が出てくるのが、白い牛乳のような液体が出てくるのです。

それを見たときのショックは、何回見ても慣れるものではありませんし、とくにHibワクチンが発売されてからも、当院でも2例ほどの発症がありますが、「ワクチンをしていれば…」と残念でならないのです。

Hibワクチンは非常に効果が期待されるワクチンです
欧米では、70%程度の接種率となり、髄膜炎は1/4~1/3に減少しました。
アメリカでは、90%以上の接種となり、2008年全米での発症は6例のみでした。(日本では1700人ですよ)
Hibアメリカ罹患率


1988年には、WHOから経済的に可能な国はこのワクチンを定期化するようにと勧告していて、日本では2008年12月に任意接種として導入されました。

副作用についての御心配があるかと思いますが、Hibワクチンはアメリカでは1993年からフランスでは1992年から接種されていて、現在100カ国以上で接種されています。重篤な副作用の報告はないようです。ワクチンですので、局所で免疫反応を起こすため、腫れたりすることはありますが、いずれも一過性に経過すると言われています。

  局所副作用 注射部の発赤 45.9%、腫脹23.1%、硬結21.5%、疼痛9.1%
  全身副作用 発熱4.1%、不機嫌23%、下痢10.7%、嘔吐8.3%
     いずれも、一過性で永続的な障害の人はいません。

接種スケジュールは初回の接種を始めた年齢により異なります。

2ヶ月~7ヶ月未満で開始・・・3回+1回(1年後)の合計4回
7ヶ月~ 1歳未満で開始・・・2回+1回(1年後)の合計3回
1歳以上で開始・・・・・・・・1回のみ


29-06.png


現在Hibワクチンの供給が十分ではないため、予約制で行われています。
今年(2010年)7月以降、供給が2倍になると期待されていて、現在は予約制ですが、もしかしたら、予約なしで接種できることになるかもしれません。

ただし、これは可能性ですので、現在接種を希望される方は、早めに予約をされてください
もし、供給量が増加すれば、予約より前倒しで接種が可能となるかもしれません。

2007年の出生数は109万にんで、そのうち8万人ほどがゼロ歳児保育を受けていると言われています。
集団生活をする子供は数カ月でHibに感染すると言われています。

Hibワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンの定期化は、小児科医や子供をもつ親たちの夢です。
署名活動やワクチンの必要性などを訴え続けてはいますが、定期化されるかは、まだわかりません。定期化や補助などを期待して、接種時期を逃しては意味がありません。

ぜひ、積極的に接種されることをお勧めします。




KNOW-VPD!「子ども手当」でワクチンを
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/03/09(水) 11:58:01 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cocoakids.blog41.fc2.com/tb.php/33-d765cfda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。