ママは小児科医
小学生の2人の男の子のママをしながら、働く小児科医です。 育児のこと仕事のことなどお話していけたらいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むすこの迷子
 自閉症圏のお子様をお持ちの方はもちろん一般の方でも経験された方はいらっしゃるかと思いますが、子どもが迷子になると、親は本当に気が気ではなく...残念ながらうちの長男(PDD 10歳)の迷子歴は数知れません。

 今年10歳になりましたが、時々迷子になります。親の不徳のいたすところですが。それでも以前に比べると、気をつけているというのが目で見てわかりますし、万が一迷子になっても、迷子になったという自覚が自分にもあります。
boy1_3_s.gif

 小さい頃は、手をつなぐと嫌がるし、周りはもちろん目に入っていませんので、自分で好きなところに行ってしまうし。幸い、それぞれ出かけた場所での彼の好きなところを知っているので、そこで見つけるということがほとんどで大事には至っていませんが。とにかく、方向感覚だけは確かなようで、迷子といっても、行きたい場所へたどり着けずにどこかへ行ってしまう迷子とは違い、彼の迷子はある意味意図的、でも、やはり意識をしてではない迷子なのです。ショッピングセンターの端から端のほうのお店にいたということもしばしば。そのたびに、一人でこんなところまで行けるようになったなんて、と感嘆したものでした。


 彼が迷子というものを意識したのは4歳くらいのとき。彼には2歳年下の弟君がいるのですが、弟君は一人で歩けるようになった頃から、本当に彼には申し訳ないなぁと思うのですが、たいてい弟が歩いてくれ、長男が抱っこされて、ということが多かったのです。というのも、長男は手をつないでくれませんし、目を少しでも離すとどこかに行ってしまうからです。注意をしていても、いなくなることはしばしばで、そんな時誰か一緒に出かけていればいいのですが、誰もいなかったり、その辺を探していなくなれば、弟君を抱っこしながらでは、なかなか動作も遅くなるので、弟君は小さい頃から一人で(といっても、どなたか店員さんの近くでですが)待っていてくれたのでした。彼も小さかったので、不安だったと思うのです。そんな感じで、弟君は小さいながらに迷子になると大変ということを身にしみてわかっていたと思うので、彼は本当に迷子になることはありませんでした。手をつないであげられなくても、きちんとついてきてくれていたのです。

 長男が4歳、次男が2歳の時、海外旅行でマレーシアに行きました。そのショッピングセンターでの出来事ですが、なんと、次男君がいなくなってしまいました。1回の入り口から階段を通って2階に入ったのですが、2階に着いたところで弟君がいないことに気づきました。私はというと、長男がどこかに行ってしまわないかと、走り出した長男を追いかけて、先に階段を上がってしまっていたのです。なにしろ、迷子になったことのない弟君でしかも、海外。私は弟君が誘拐されてしまったのでは、と本当に一瞬気が狂いそうになりました。そのあたりを探し始めたところ、階段のあたりで、ざわざわと人の集まりがありました。そこに行ってみると、なんと弟君が泣いていました。どうやら1階から2階の途中に女子トイレがあったのですが、彼は私だと思って、前の女性の方についてトイレに行ってしまったようなのです。時間としては、本当に少しの時間でしたが、肝を冷やしました。
 そして、この迷子事件のおかげで、長男は迷子になるということの大変さを少し理解したようで、迷子になる回数はだいぶ減りましたし、彼の中でも、自分でいなくなってしまったときに迷子という言葉を意識できるようになったように思います。

kodomo2_sgif.gif

 昔は、迷子になった彼を見つけても、ニコニコで、「あ、ママそこにいたの」ぐらいな感じでしたが、その後は、迷子の時間が長くなってから、やっと見つけると、泣き顔で、不安そうな顔でいるのです。さらに、最近は、ショッピングセンターなどへ行って、少し先を歩いていっても、少し先へ行くと、振り返って私たちが来ているかを確認するようになりました。また、以前はお店の中に入るときには、こちらから声をかけ、一緒に中に入るか、通路のいすに座って待つかを確認したものでしたが、今は、お店の店先を少し見始めると、彼が私の視線をつかまえて、通路のいすの方を見て、無言で「ここにいるよ」と合図を送ってくれるようになったのです。Eye contactが使えるようになったのはすごいなぁと感じます。
 

 長男にとっても、弟という存在はとても大きく、弟が成長し、できるようになったことを客観的に見れることで、彼自身ができるようになったことというのがとても多かったように思います。何よりも、長男にとって、弟が興味深い存在だったから、よく観察をしていたのだと思いますし、兄弟というのは、本当にすばらしいなぁと彼らを見ているといつも思うのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/01(金) 06:34:15 | | [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cocoakids.blog41.fc2.com/tb.php/38-862efd9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/05/06(日) 13:09:53 |
管理人の承認後に表示されます
2012/10/23(火) 22:42:52 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。