ママは小児科医
小学生の2人の男の子のママをしながら、働く小児科医です。 育児のこと仕事のことなどお話していけたらいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私のアレルギー

こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です。今日のテーマは「アレルギーをもっていますか?」です。本田の家に近所の猫ちゃんがよく遊びにきます。もともと花粉・ハウスダストアレルギーな本田は、くしゃみ連発などは感じていたのですが、重症ではなく「いつものこと~」と思っていたのです。そんなある日、猫が本田�...
トラックバックテーマ 第899回「アレルギーをもっていますか?」



こんにちは。

私は、外来でアレルギーも担当していますが、そのきっかけとなったのが、自分のアレルギーです。
若い頃は、花粉症なんて、自分とは関係ない、と思っていたのに。。。

アレルギー発症のきっかけは、なんと『結婚』でした。
結婚相手の実家で猫を10数匹飼っていて、
結婚数年後には、実家へおじゃますると、くしゃみと、鼻水が。。。
その後、蕁麻疹が出るようになり、
現在は、花粉症(アレルギー性鼻炎)と気管支喘息(咳喘息) があります。

血液検査では、ネコ、イヌ、スギ に反応が見られています。

通年で、吸入ステロイドと抗ロイコトリエン受容体拮抗薬を内服しており、
花粉症の季節のみ、抗アレルギー薬を追加で内服しています。点鼻薬も使用したりもします。

私の場合、喘息といっても、ヒューヒューゼイゼイがなかったので、喘息と自分で認めるまで時間がかかりました。
喘息の症状は気圧の変化と関係していると、よく言われますが、自分が喘息になってみて、よくわかります。
普段はまったく調子がよいのですが、急に朝に咳をしたときなど、病院でも、喘息の患者さんが多く受診されています。(ような気がします)
学術的ではありませんが。

患者さんのつらさがわかるというのは、強みかもしれませんが。。。

それではまた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cocoakids.blog41.fc2.com/tb.php/6-54dc306f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。