ママは小児科医
小学生の2人の男の子のママをしながら、働く小児科医です。 育児のこと仕事のことなどお話していけたらいいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PVD(ワクチンで防げる病気)とは...
こんにちは。
久しぶりのブログの更新です。

先日、開業医の先生向けに「小児のよく見る疾患のプライマリーケア」という講演をさせていただきました。
その中で、一番反響が高かったのが、VPD(vaccine Preventable Disease:ワクチンで防げる病気)についてでした。
Twitterでそちらについてつぶやかさせていただいたのですが、メッセージを多くいただきましたので、
少しブログにまとめていきたいなぁと思います。

VPDって御存じですか??
「ワクチンで防ぐことのできる病気」のことです。
言葉のままですが、ワクチンを接種することで、罹ることを防げたり、罹っても重症になることができる病気のことです。
つまり、ワクチンをつくってまで、その病気を防ぎたいという思いのある病気のことなんです。

   http://www.know-vpd.jp/

日本では、ワクチンについては、副作用の心配ばかり大きくとらえられて、実際の効果について、論じられることがあまりないように思います。
たとえば、2007年にある製薬会社さんが、ワクチンに対する意識調査を行いましたが、
その中で、「ワクチンを接種することに抵抗を感じますか?」という質問に、Yesが30.1%いました。つまり、ワクチン自体やその有効性については認知されているにもかかわらず、ワクチンによる副作用やワクチン製剤に対する理解の不足によると思われる過剰な抵抗感が存在しているということが明らかになったのです。

日本人は、人からうつされた病気については寛大ですが、予防接種をうって、熱が出るなどの副作用が起こるとそれに対しては非常に敏感に反応します。
たとえば、予防接種の翌日、発熱がみられたお子さんを連れていらっしゃったお母様の実際の反応ですが、のどが赤いため、「風邪でしょう」とお話をすると安心され、「予防接種の副作用だと思います。熱がすぐに下がるようであれば心配ありませんよ」とお話をするとすごく心配される、ということが実際あります。

ワクチンには、当然のことなのですが、有効な作用のほかに、例えば腫れるとか、熱が出るなどの反応がみられます。これは、きちんとした免疫が成立するためにどうしても避けられないプロセスなのです。ワクチンで熱が出ることよりも病気そのものにかかったときのほうがより大変であるという、正確な認識が日本人にも定着してくれればと願ってやみません。

欧米では、親御さんたちが病気について非常よく理解しているそうです。また州によっては、予防接種をきちんとしていなければ、保育園に入れないというところもあるそうです。

実際、日本の調査で、保育園入園後の乳児の保菌状況(つまり、そのばい菌にかかったかということ)を調べたものがあります。
0歳児が入園から1~2か月で88.9%の子がインフルエンザ菌、肺炎球菌の両方を保菌しているそうです。

保育園の入園後


インフルエンザ菌、肺炎球菌は、肺炎や中耳炎、髄膜炎など時には命にかかわる病気を起こす細菌です。集団生活の中でこの細菌に感染して、髄膜炎を起こさなかったというのは、あくまでも、ラッキーだったにすぎないのです。

うちの子が小さい時には、インフルエンザ菌ワクチンも肺炎球菌ワクチンもありませんでしたが、うちの子が髄膜炎にならなかったのは、あくまでもラッキーだったからで、髄膜炎にかかっていても、おかしくはなかったのです。

細菌性髄膜炎は、いまだにうちの病院でも年に2-3人程度罹患します。発熱、痙攣で受診し、髄腋検査をしたときに、通常であれば透明な液体が出てくるはずなのに、白い液体が出てきたときの悲壮感、小児科医であれば誰しも経験していると思います。
欧米では、インフルエンザ菌ワクチン、肺炎球菌ワクチンを定期接種にすることで、髄膜炎が非常に減少しました。日本でも、欧米なみにインフルエンザ菌ワクチン、肺炎球菌ワクチンを接種することができれば、重症細菌感染症のリスクは1/10程度まで軽減されるのではないかと思っています。

現在小児科医の中で、Hibワクチンや肺炎球菌ワクチン、水痘ワクチン、ムンプスワクチンなどの任意ワクチンについて、定期接種となるように、行政補助を受けられるようにと活動をしていますが、すぐには難しいかもしれません。

VPD(ワクチンで防げる病気)について理解していただいて、ひとりでも多くワクチン接種が可能になればうれしいと思います。最後まで読んでくださって、ありがとうございます。





肺炎球菌ワクチン
こんにちは。

 今日は、今年2月に発売になった小児用肺炎球菌ワクチンについて、お話したいと思います。肺炎球菌は、多くのこどもの鼻やのどに常在しているばい菌で、のどに住んでいるだけでは悪さはしませんが、免疫力の弱い乳児や体力や免疫が落ちた時などに、菌が深いところに入り込んで、いろいろな感染症を起こします。


肺炎球菌年齢

今回発売になったプレベナー(PCV7)は、91種類ある肺炎球菌の血清型のうちの7種類を予防することができます。この7種類で、肺炎球菌感染症の70%を防げるといわれています。

PCV7髄膜炎血清型


 プレベナーの接種スケジュールは以下のようです。
プレベナーの接種スケジュール

月齢、年齢が大きくなるにつれて、接種回数が少なくて済むようになっていますが、肺炎球菌の髄膜炎の半数は1歳未満の乳児で起こります。また、妊娠中にお母さんからもらった抗体は、生後2~3ヶ月で、なくなるといわれています。おなかの中からの免疫は6ヶ月くらいまではあると考えている方が多いと思います。それは、多くのウイルスの場合です。

 保育園へ入園後ののどの常在菌について調べた報告がありますが、それによると、入園1~2ヶ月で88.9%の人で、インフルエンザ菌、肺炎球菌ともに陽性になったという報告があります。
保育園の入園後

ですから、とくに乳児期(1歳前に)集団生活を予定している方には、ぜひ、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザ菌ワクチンを接種してからの入園をお勧めしたいです。
予防接種の効果と副反応について
こんにちは。

春になり、保育園への新入園児の感冒症状、入院が増えています。
そこで、感染予防の効果が一番高いとされるワクチンについて、お話していきたいと思います。

日本人は、人からうつされた病気に対しては、寛大ですが、予防接種を打って熱が出るなどの副反応が起こると、それに対しては、非常に敏感に反応する民族です。
例えば、予防接種をした次に日に熱が出て、外来にいらっしゃってくださった時に、
病院に来た時に風邪をもらっちゃったのかもしれないね、言うと、しょうがないなぁ、と思ってくださいますが、
予防接種の副反応ですね、と言うと、「え! それは、大丈夫ですか」といった具合です。

ワクチンをうって、きちんとした免疫が成立するためには、プロセスとしてどうしても避けられない免疫反応があります。
そのため、ワクチン接種後、微熱や腫れや痛みが出るということがあります。
この反応は、免疫反応を理解していれば、当然のこと、必要なことと思えます。

ワクチンは、必要だから、有効であるからおこなうわけで、
副反応が怖いからやりたくない、というのは、ナンセンスだと思うのです。
例えば、外来でも、肺炎球菌やインフルエンザ桿菌がどういう病気を起こすのかという、肝心なことを知らないお母さんは意外と多いです。(徐々にブログでお話していけたらと思いますが)

ワクチンの中には、微熱、腫れるというのを超えるような大きな健康被害を与える副反応が起こるものも確かにあります。
ただし、その大きな副反応が起こることと、例えば髄膜炎を起こす可能性がどちらが高いかということを考えて欲しいのです。

それには、メディアの問題もあると思います。
例えば、ワクチンで大きな問題が一人に見られた場合、その一人についてのみ取り上げられます。
もちろん、重症な副反応は1件でも起こらないことが望ましいです。
しかし、その一人のほか、残りの人たちは、髄膜炎などの大きな病気にかからずにすんで助かっているのです。

これを読んでくださったお母さんたちは、ぜひお子様のためにワクチンを前向きに打ってもらえるようになってほしいなぁと願っています。

次回は、今年から接種可能となった肺炎球菌ワクチン、Hibワクチンなどについて、お話できたらと思います。

それでは、また。
アサーティブトレーニング(その2)
こんにちは。

アサーティブトレーニングセミナーを受けてきました。
前回2月28日にもブログに書かせていただきましたが、今回3回目で、最終回のトレーニングでした。

アサーティブとは、自分を一歩前に押し出し、前向きに率直に自分を表現することだそうです。
実際に、自分も相手もそれぞれの気持ちも大切にしながら、その場にあった方法で率直に明確に伝えることを目標としています。

今回、学んだことは、「非言語」を意識するということです。
つまり、人は行動と表情がきちんと一致していないと言うことは見られている。自分が人と接する時の、非言語の部分に注意をする必要があるということでした。
あやまっていても、お笑い芸人の「響」じゃないですが、まったく悪いと思っているそぶりも見せずに、「すみませんでした」と言われても、謝罪の気持ちは伝わらないということです。
話を聞く時に、あくびをしたり、脚を組んだり、腕を組んだり、ペンを回したり、携帯をいじったり・・・そんな方はいませんか?

子どもの話を聞く時も、きちんと行動をとめて、子どものほうを見ないといけないそうです。
そっぽをむいて、話を聞いていても、子どもはその様子をしっかりみているので、
いくら親が言葉でいいことを言っても、それではだめだということでした。

セミナーの中ではっとさせられたのは、
「だから言ったでしょ」という言葉。子どもとの対話や仕事の時にも使ってしまいますよね。
だから言ったでしょ、という言葉には、事前にこうしなければいけないというルールを教えたのに、それを守れなかった相手を罰する気持ちが現れている。言われた相手にとって、自分が罰せられるほど悪いことをしたと思っていない場合には、だから言ったでしょ、という言葉は受け入れがたいものがあり、反感を感じてしまう、ということでした。

子どもがジュースをコップに入れようとして、こぼしてしまった時など、私も日常生活の中で、つい使ってしまったなぁと思います。
それを言われた時の子どもの顔、すごくかなしそうな顔をするんですよね。
その顔を見た瞬間、あぁ、そこまで怒ることでもないのに、と自分で反省をします。
こういう怒り方をしていると、子どもの自尊心を傷つけることになるんですよね。

こういうときには、
私はとても心配していたのに、その事が、あなたにとって、何の役にも立たなかったのが、ひどく残念に思うわ。
などと、自分の気持ちを伝えながら、相手に、はっと気づかせるということが必要です。

会社で、なかなか教えてもそのとおりにできない部下の方にも有効だそうですよ。

私生活や仕事で生かしていけたらと思います。
アサーティブは使い続けていると、だんだん上達していくそうです。
アサーティブを使うと、やわらかい言葉遣いになるそうで、
先生はやさしい話し方ですね、といわれるのを目標として日々精進していきたいなぁ。

それでは、また。


人格的上流層の減少!?
19日の朝日新聞の経済気象台のコーナーの記事を読んで、すご~く共感できたので、ご紹介したいです。
http://www.asahi.com/business/topics/column/TKY201003180519.html

日本には、わりと最近まで「人格的上流層」が存在していたけれど、現在は減少してきている。
「人格的上流層」というのは、知的で誠実、厳格で親切な人。社会の安定を作り出していたということです。

アメリカでも同様に「人格的上流層」が減少していて、その理由として
①かつて、女性の仕事は学校の先生くらいであったため、優秀な女性が教師になったが、選択枝が広がり、子どもの人格を育む能力の高い、優れた女性が先生にならなくなった。
②夕食のテーブルで、家族が今日の出来事を話し合い、子どもたちが健全な常識を学んでいたが、大人も子どもも忙しくなって、家族がテーブルに集まれなくなった。

筆者は、②はともかく、①については、先生の給料を上げて、優秀な人材を集めることで可能。税金をもっと教育に使う。
子ども手当のようなバラマキのあとには、向上心や公徳心が乏しく、コソコソして寂しい日本人しか残らない。
と述べています。

学校の先生は、教育だけでなく、生徒の生活、心のケア、果てには親のケアまでされていて、本当に大変だろうと思います。
外来にいらっしゃる患者さんに一緒についてきてくれたり、長いお手紙をつけてくださる先生もいらっしゃいます。

学校の先生の数を増やしたり、補助員をつけたりと、優遇してあげられることはあるのではないかなと思います。

小児科医として、子どもにできることは、外来に来てお話をする間や、親御さんに自己肯定感を上げる声がけなどをアドバイスをすることぐらいです。
それに比べて、学校の先生や幼稚園保育園の先生は、子どもの人格形成に多大な影響を与えるとても大切な仕事です。
そのことを社会で、もっと認識し、教育者の社会的地位を上げることが大切ではないかと思います。

少子化に加えて、人格の未熟な子どもたちが増加するのでは、日本の社会の先行きは暗いのではないかなと思ってしまうのです。

まずは、私自身も、「人格的上流層」と言われるように努力をしていきたいなあと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。